昔から長寿を祝う風習があります。これまでの神様のご加護に感謝するとともに、更に今後の長寿息災を祈願するお祭りのことを年祝い、あるいは算賀祭(さんがさい)と言います。主な年祝いは以下の通りです。 
還暦:60歳 60年で再び生れた年の干支に還る
古稀:70歳 「人生七十古来稀也」杜甫の曲江詩
喜寿:77歳 喜の略字が「七十七」
傘寿:80歳 傘の略字が「八十」
米寿:88歳 米の字を分解すると「八十八」
卒寿:90歳 卒の異体字「卆」が「九十」
白寿:99歳 百の字から一をとれば「白」
年祝いは、該当する年齢に達した人が自ら親戚知友を招いて祝宴を開く場合と、その子供や友人知人などが開く場合があります。一般に年祝いは誕生日に行われますが、別に適当な時期を選んで行うこともあります。

中でも還暦は、生まれた年と同じ干支(えと)が61年目にめぐって来ることから、「本卦がえり」とも言われます。つまり元の赤ん坊に生まれ変ったと考え、これからが人生の再出発だとして、今後の長寿息災を慶び祝います。還暦の祝いに赤頭巾赤羽織をつける風習は、赤ん坊の仮装に他なりません。

平成29年の 「年祝い」 は次の生まれ年の方が該当します
還暦(かんれき)の祝:60歳
昭和32年生
米寿(べいじゅ)の祝:88歳
昭和5年生
古稀( こ  き )の祝:70歳
昭和23年生
卒寿(そつじゅ)の祝:90歳
昭和3年生
喜寿( き じゅ )の祝:77歳
昭和16年生
白寿(はくじゅ)の祝:99歳
大正8年生
傘寿(さんじゅ)の祝:80歳
昭和13年生
一般に年祝いは数え年で行います