「十三詣り」とは、4月13日数え年13歳の少年少女が盛装して、福徳や知恵を授かるために神社仏閣に参詣する風習で、昔から京都を中心とした関西地方で盛んです。「知恵詣」とも呼ばれています。もともと関東地方で盛んだった「七五三詣り」が全国的な行事なったのと同様、今日「十三詣り」も各地で行われるようになりました。

七五三詣り は 子供の健やかな成長を感謝する行事
十三詣り は 学業の向上や心身の健全な成長を願う行事


として、横浜でも定着しつつあります。

神明社では、いつでも「十三詣り」を受け付けておりますが、 3月から5月にかけての学年進級時に行われますようお勧めいたしております。

平成29年の「十三詣り」は 平成17年生まれ のお子様が対象になります。