人生の中で、災いにあったり健康を損ねたりすることの多い年回りを厄年といいます。地域によって異なりますが、

男性は25歳 42歳 61歳、女性は19歳 33歳 37歳
中でも 男性42歳 女性33歳は「大厄」とされています。


厄年とされる年齢は、精神的にも肉体的にも変化の多い時期ですから、十分注意することが大切です。厄年を迎えた時は神様のご加護によって災厄をまぬがれるように神社でお祓いを受け、その年の無事平穏を祈願します。

厄除けは数え年で行います。(下記一覧表を参照)
数え年は、生まれた時を1歳として正月を迎える度に1歳ずつ加えます。
計算方法は、その年の誕生日が来る前は、満年齢+2歳。
誕生日以後は、満年齢+1歳、となります。