氏神様の霊魂(みたま)を宿して育った子供は、誕生させていただいたことへの感謝と共に、今後の健やかな成長を祈って、

男子は31(32とも)日目、女子は33日目ごろ

氏神様へお詣りをし、神社で祝詞を奏上してもらいます。これが「初宮詣り」で「お宮詣り」ともいいます。地方によっては30日前後ではなく100日以後というところもありますが、幼児のことですから冬や夏の気候の厳しい時には、必ずしも日数にこだわることなく、生後30日から100日ぐらいの間で都合のよい時にお詣りされるとよいでしょう。
晴れ着 (祝い着・掛け着・お掛け) について

神社備付の晴れ着
昔から、初宮詣りの日には、子供に晴れ着を着せる習慣があります。晴れ着は、男児が黒地の紋付き、女児は友禅の晴れ着が一般的でしたが、最近はそうした伝統にこだわらない人が増えてきました。洋風のドレスも珍しくありません。

神社に晴れ着の用意があります。
ご遠慮なくお申し出ください。借用料はありません) 


お喰い初め(おくいぞめ)
生後100~120日ごろにお喰い初めをします。赤ちゃんに初めてものを食べさせるまねをさせ、この子が一生幸福に育ち、食べるものに困らぬようにとの親の願いをこめる儀式です。
初節句と初誕生日
生まれて初めての節句を初節句といいます。男子は5月5日の端午の節句で、鯉のぼり・甲胄・菖蒲・武者人形などを飾り、ちまき・柏餅を供えます。女子は3月3日の雛祭りで雛人形を飾り、白酒・雛あられ・菱餅を供えます。初節句と初誕生日は、両親や家族が子供の健やかな成長を願う行事です。