【二輪草】
R02.04.07 撮影
神明社本殿南側の保安林に二輪草の群落があります。面積は凡そ200㎡。毎年この時期になると開花します。例年ですと見学会を開いていますが、今年は写真だけの紹介になります。

この場所は丘陵地の北側斜面にあり、夏は廻りの落葉樹が生い茂り半日陰になりますが、冬から春先にかけては比較的明るく、初めて見たら桃源郷に思えるかも知れません。

二輪草の花は開ききれば径20mm。今は15mm程度です。
二輪草の群落に浦島草が混じります。一見、蛇の鎌首のように見えるので不気味です。現在は絶滅危惧種に指定されています。